よくある質問

ディープガードとは何ですか

ディープガードは危険性のあるシステム変更を行おうとするアプリケーションを監視、検出する機能です。危険なアプリケーションの検出とブロックを行い、不審なアプリケーションからによる個人データの削除、改ざん、または盗難から保護することができます。

    • Windows版
      Mac版

        Windows版のディープガードは次のようなシステムの変更を検出できます。
      • 「システム設定 (Windows レジストリ) の変更
      • 「重要なシステムプログラム (本製品のようなセキュリティプログラムなど) を無効にしようとする試み
      • 「重要なシステム ファイルを編集しようとする試み

      • ディープガードを有効にする操作手順は以下になります。
        有効の場合、システムを変更する可能性があるアプリケーションを自動的にブロックします。

      • 1.常時安全セキュリティ24を起動し、「ウイルスと脅威」をクリックしてください。
      • ウイルスと脅威をクリック

      • 2.「設定」をクリックしてください。
      • 設定をクリック

      • 3.設定変更には管理者権限が必要です。「設定を編集する」をクリックし、管理者権限の確認を行ってください。
      • 設定を編集するをクリック

      • 4.ディープガードの項目を「有効」にします。
      • ディープガードの項目を有効

      • ディープガードを一時的に無効にしたい場合は、「ディープガードを一時的にオフにする」をクリックしてください。一時停止する時間を設定し、「無効」をクリックしてください。
      • ディープガードを一時的にオフにするをクリック
        無効をクリック

      • 5.特定のアプリを許可したい場合は、「ブロックしたアプリケーションを表示する」をクリックしてください。
      • ブロックしたアプリケーションを表示するをクリック

      • 6.許可したいファイルを選択し、「許可」をクリックしてください。
      • 許可をクリック

        ディープガードを有効にする操作手順は以下になります。
        有効の場合、情報のないアプリケーションを拒否するか許可するかを確認する許可ダイアログを表示します。

      • 1.常時安全セキュリティ24メニューの「プリファレンス」をクリックしてください。
      • プリファレンスのリンクをクリック

      • 2.「ディープガード」のタブを選択し、左下のカギマークをクリックしてください。管理者権限が必要のため、管理者権限の入力を求められた場合は、ユーザ名、パスワードを入力します。
      • ディープガードの設定

      • 3.「ディープガード」の項目にチェックを入れると有効になります。
      • ディープガードの項目にチェック

         
最終更新日:2022年4月13日

本サービスには、 F-Secure社の製品を採用しています。
F-Secure社 のテクノロジーは、 AV-TEST ※1の「Best Protection Award」を
10年で7度受賞※2しており、世界に認められたアンチウイルス製品になります。

お電話でのお申し込み

@nifty カスタマーサービスデスク

0570-03-2210

受付時間 … 10:00~18:00
(日曜・祝日・年末年始を除く)
※ 通話料はお客様ご負担