トラブル

2019年08月09日

【8/9 更新】Mac版 常時安全セキュリティ24 Safari 機能拡張利用不可

 

2019年8月9日更新:
 ̄ ̄

いつも 常時安全セキュリティ24 をご利用いただき、誠にありがとうございます。

Safariの機能拡張が無効になる問題につきまして、修正版を2019年10月リリースを予定しております。

修正に時間がかかっておりご迷惑をおかけいたしますが、今しばらくお待ちいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

なお、拡張機能はセキュリティの向上に寄与する機能ではなく、無効のままであっても安全性の低下を招くことはございません。
PCをお守りする機能は、常時安全セキュリティ24自体に別途備わっており、それらの機能(ファイル保護、ウェブ保護、ネットワーク攻撃防御等)が動作して保護いたします。

 

2019年5月7日公開:
 ̄ ̄

いつも常時安全セキュリティ24シリーズをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2019年5月7日現在、Mac版 常時安全セキュリティ24 で、Safari の機能拡張が無効になる問題が発生しています。

発生期間

2019年4月下旬~発生中

影響範囲

Mac版 常時安全セキュリティ24

影響内容

定義データベースを更新すると、Safari 機能拡張が無効になる。
また、それ以降有効にできない( Safari の機能拡張一覧に、「カスペルスキー セキュリティ」が表示されない)。

機能拡張インストール画面の例
画面例

※ホームページの閲覧など、インターネットのご利用自体は問題ありません。

お客様へのお願い

現在、調査を進めております。詳しいことがわかり次第、このお知らせに掲載いたします。
適宜、このお知らせをご確認くださいますよう、お願いいたします。

この度は、お客様に大変ご迷惑をおかけしておりますこと、深くお詫び申し上げます。